« 目の調子 | トップページ | ここ三日の散財(その他編) »

March 26, 2004

ここ三日の散財(コミック編)

木曜以降調子が悪かったので書いていなかったが、色々と本(主にコミック)を買い込んでいたので一気に掲載
まずはコミック編

辣韮の皮(3) CD付き初回限定版 」 ワニブックス刊、阿部川キネコ著、定価1,150円
内容は相変わらず(笑)、「豪華声優陣の無駄使いドラマCD!!]と銘打たれた初回特典のドラマCDは未聴だが、だいたい内容は想像の通りだろう。
中に書かれた新しい作品のネタは分からないものも多いが、古いネタにニヤリとしてしまうのは身に染みついたサガだろうか…

機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…(1)」 角川書店刊、夏元雅人著(シナリオ千葉智宏)、定価540円
角川書店の雑誌「ガンダムエース」で連載のコミック。タイトルにあるとおり、機動戦士ガンダム(初代)の外伝になる。
買っては見たが、特に可もなく不可も無し。

機動戦士ガンダム 宇宙のイシュタム(2)」 角川書店刊、飯田馬之介著、定価540円
これも角川書店の雑誌「ガンダムエース」で連載のコミック。
やはり、機動戦士ガンダム(初代)の外伝になっているが、舞台が一年戦争勃発直後の、地球に落とされるコロニーというのが非常に珍しい。
著者は、私の好きな「おいら宇宙の探鉱夫」というアニメの監督をしていた人で、「おいら宇宙の探鉱夫」もSF作品として優れた作品だったが、このコミックもなかなか好み。
絵柄は、今風ではなくちょっと地味な感じだけど、これもまた作品の世界とあっている感じがしてまた良い。

機動戦士ガンダム Ecole du Ciel 天空の学校(3)」 角川書店刊、美樹本晴彦著、定価560円
これも角川書店の雑誌「ガンダムエース」で連載のコミック。
これは、機動戦士ガンダム(初代)の後の話。
半分以上惰性で購入。絵はきれいだが、ちょっと読みにくい感じがするなぁ。

トニーたけざきのガンダム漫画」 角川書店刊、トニーたけざき著、定価580円
これも角川書店の雑誌「ガンダムエース」で連載のコミック。
あの「岸和田博士の科学的愛情」の作者が初代のガンダムをネタにしたパロディ漫画。
いや~笑った笑った。
あの、安彦良和氏のタッチに似せた絵で、むちゃくちゃや笑わせてくれます。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(6)」角川書店刊、安彦良和著、定価580円
あの安彦氏が手がけている初代のガンダムの正統版コミック。
いや~、これぞ正統版ですね。今回の主役はランバ・ラルかな。
これを読んだ後に、上のトニーたけざき版を読むとおかしさ倍増です。

鉄人28号 皇帝の紋章(1)」 講談社刊、長谷川裕一著(横山光輝原作)、定価524円
あの鉄人28号を長谷川裕一氏がコミック化したもの。
美少女が出てくるのはお約束通りというところだろうか。

う~ん、こうやってみてみると、ちょっと買いすぎたかも(苦笑)

06:41 PM [アニメ・コミック] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24531/355448

この記事へのトラックバック一覧です: ここ三日の散財(コミック編):

コメント

コメントを書く