« 伊勢までドライブ(その2) | トップページ | ホワイト餃子再び »

April 25, 2004

伊勢までドライブ(その3)

さて、参拝も無事すませたので、一行そろって伊勢神宮前のおかげ横丁へ突入。
ここもかなりな人出でしたが、昼も回っているためか多少は減っているようでした。

途中、焼き栗、おかき、きゅうりの串など、美味しそうな物がたくさん売っていて、空腹の一行に襲いかかってきましたが、とりあえずは食事を食べることを優先して、ちるちるさんお勧めの「すし久」へ。
ここでは、てこね寿司を注文し、お茶を飲みながら料理が出てくるのを待ちつつしばし話にふけっていましたが、ずいぶん経つのになかなか料理が出てこない…

しばらく経つと店の人があわてて飛んできて、なにやら伝票を手に確認した後、あわてて奥へ引っ込むと、その後それほど経たずにてこね寿司×4、麦とろ飯×1、といった我々が注文した物が出てきました。
どうも、何かの手違いで我々の注文が通っていなかった模様なんですが、膳を運んできた人達は「どうもすいませんでした」と何度も謝りっぱなしだし、女将さん(?)らしい人がまた出てきて丁寧に謝られるし、謝られるこちらが恐縮してしまうほどでした。

遅れて出てきた事もあり、空腹がピークだった事も手伝ったのか、出てきたてこね寿司は非常に美味でした。
ご飯にも甘みがあるし、上に乗っている赤身もうまいし、付け合わせの漬け物や赤だしもおいしくてたまらなかったです。
あと、亀だんなが注文した麦とろ飯も一口もらったのですが、これも美味でした。
食後、お茶を飲みながら一服しているところへ、再度女将さんが登場して、「せっかく選んでお店に入ってもらったのに、大変お待たせしてしまうことになって申し訳ございませんでした」といって、デザートをプレゼントしてくれました。
冷えたミカンを切った物なんですが、これも美味しかったです。
食事前に取り忘れたので、食後からになったお膳の写真です。見ての通り、きれいに平らげてしまいました。
(下に少し写っているのが、後から来たミカンです)
tekone_040424.jpg

その後、おかげ横丁をくるっと回ったのですが、ここは街全体がテーマパークの様な感じがしていて、あちこちで面白い物も売っていますし、食べ物も美味しい物がたくさんあるし、歩いていて飽きない街です。
okage_040424.jpg
(おかげ横丁町並み。神路屋の二階から撮影)
私が面白かったのは、まねき猫専門店の「吉兆招福亭」と、その向かいにあるキセルを売っている「つぼや」です。
この店の間にある縁台に、キセルを持った猫の人形が寝ていて、大笑いしてしまいました。
kiseruneko_040424.jpg
(こんな感じでいきなり寝てるんだもんなぁ)
私はこの「つぼや」で、キセルのお試しセット(キセルとタバコ、マッチがついて1,200円)を購入しました。
kiseruset_040424.jpg
(家に帰ってから試してみたけど、まだうまく吸えません)

この後、「豚捨」でコロッケを買って食べたり、土産物を買ったりしているうちに、午後5時も過ぎると店が閉まり始めたので帰路につきました。

あと、この町では、ツバメが店に巣を作っているところが多く、至る所でツバメを見かけました。
tsubame_040424.jpg
ちょっとわかりにくい写真ですが、民家の軒先です。こんな感じであちこちでツバメを見かけることができました。

11:12 PM [旅行・地域] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24531/493524

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢までドライブ(その3):

コメント

コメントを書く