« あらいつのまにやら2万Hit | トップページ | 今日の昼飯 »

June 03, 2004

Let'sNote R3雑感

先週の土曜日に購入したレッツノートR3ですが、今日まで持ち歩いて使ってみたところいくつか気づいたことがあるので、少し書いてみることにします。

ここしばらくは、携帯電脳や電子ガジェット好きの人たちの中では、このレッツノートよりもVAIO TypeUの方に注目が集まっているようで、いろんなモバイル系さいとを閲覧しても、TypeUのレビューは多いですが、このマシンについて書かれているところはそれに比べれば少ないようですし、購入を検討されている方の参考に少しでもなればと思います。

まず、細かいことを書く前に、なぜ私がR3を購入したかを書きます。

私は今までは通勤中にPocketPC、Palm、LinuxZaurusを持ち歩いてネットに接続して、チャットやその他ネットの閲覧をやっていましたが、目を少し悪くしたので最近はそういったことを控えるようになっていました。
しかし最近めの調子がやや復帰してきたのと、3月からこのblogをはじめたので、会社の昼休みや通勤中に文章を書いたりしたいと思いはじめました。
多少PocketPC(iPAQ h2210)でやってみたのですが、画面が狭かったり、文字がどう調整しても小さくて見にくいため、設定の自由度が高い(Fontの設定など)ノートPCがほしくなって検討していました。
既に持ち歩き用のノートPCとしてThinkPadX22を所有しているのですが、これは少し重く、昨年椎間板ヘルニアを患った私には、つねに持ち歩くにはつらい存在でした。
あと、非常に優れたキーボードを持つX22はとても使いやすいマシンなのですが、さすがに在来線の電車の中で開くには大きく、前述の目的に使用するには無理があります。
そういった中に発表された各社のノートPCを真剣に比較検討し、重量とバッテリの持ち、性能のバランスからこのレッツノートR3を購入したというのが今までの流れです。(本当はSHARPの新ムラマサが出るまで待とうと思っていたのですが、待ちきれずに購入したというのが真相ですが(^_^;))

ですので、私の使い方は、
・通勤中の電車やバスの中でのネット接続、閲覧
・同チャット
・昼休みや通勤中の文章書き(主にblogの更新用)
・同blogの更新
ということになり、必然的に常に持ち歩いていることになります。

そういった使い方をしていると、このR3の良い点と悪い点が多少見えてきました。
これらを順不同でいろいろ書いてみます。

・4時間ほどAirH"でネットにつなげたまま使いましたが、バッテリはまだ半分ほど余裕がありました。バッテリの持続時間にほぼ偽り無しといっていいでしょう。(電源管理は「バッテリの最大利用」で、バックライトは下から3段目)
・それだけバッテリが持つため、私が持ち歩いて使う範囲ではACアダプタ不要と判断して、ACアダプタは持ち歩いていません。その分持ち歩く荷物が減らせられるのは助かります。(ただ、このACアダプタは非常に小さいですが)
・操作のもたつきはまったく感じません。以前使っていたFIVA206はCrusoeだったので非常にもっさりとしていましたが、R3はさすがPentiumM1.1GHz、余裕でこなしてくれます。
・最初気になったキーボードですが、若干の引っかかりはまだ有るものの、今ではほとんど気にならなくなっています。
・私は元々PowerBookDuo230→ThinkPad701Cs→レッツノートB5V→FIVA206→ThinkPadX22というように、今までのノートPC遍歴の中にパッドを使用したPCを所有したことがなかったんで、パッドになれることができるか非常に不安でしたが、ThumbSenseという非常に優れたソフトのおかげで思ったよりも使うのに抵抗がなくなっています。
 まだ多少肩がこりますし、立った状態で使うときには非常に使いにくいですが、それでも最初心配して痛いよりはかなりましです。おかげで小型マウスも持ち歩き用の荷物からはずすことができました。
・思ったよりも使えるタッチパッドですが、それでも、もう少し面積が有ればいいのにとは思います。そうすれば余裕を持って使えるので、肩こりも少なくなると思います。
ThumbSenseのおかげで使わなくても良くなったから助かりましたが、このパッドの周囲にあるボタンはかなり使いにくいです。
・無線LAN内蔵というのは確かに便利ですが、VAIOの様にハード的に無線LANモジュールの電源が切れるようになっていればいいと思います。今のままですとソフトで電源を切るのですが、LEDなどのインジケータも無いのでモジュールの電源が本当に切れているのか不安になります。
・あと、PanasonicのLAN切り替えユーティリティ(ネットセレクター)はちょっと使いにくいです。無線LANの設定を複数(会社、自宅、という感じ)持って切り替えるやり方がわかりませんでしたので、私はThinkPadにも入れていたIBMのAccessConectionsを入れて、レジストリを書き換えて使えるようにしています。(おそらく問題が有るでしょうから、やり方はここには書きません。)
・R3のHDDは3.3V駆動だということで、換装はあきらめていたのですが、いろいろ調べてみるとちょっとした改造で換装できることがわかりました。(これはR1/R2やT2でも同じでしょう)
 具体的にはやり方は書きませんが、HDDの一部のピンを折るかフレキシブル基板の一部をテープなどでマスクすることで換装かのうな様です。(実際に私が試したわけではなく、伝聞情報です)
 換装するときには自己責任になりますが、将来HDD容量を増やしたいときにも対応が可能になりそうなので、一安心です。
・発熱はR1/R2の時から言われていましたが、確かに結構あります。特に左側のパームレスト部が非常に熱くなりますね。作業できなくなるほどではないですが、かなり気になる温度まで上がります。
・R3の最大の欠点だと思うのですが、液晶はかなり問題が有ります。
 最初は普通に使う分には問題ないと思っていたのですが、持ち歩いて使っていると液晶の視野角が非常に狭いのが気になりだしました。
 バックライトが明るいときはましなんですが、バッテリ運用のためにバックライトを少し暗くしていると、普通に正面から液晶を見ていても、周りが薄暗く中央が明るい、という感じで安いおもちゃデジカメで撮影した画像を見ているような雰囲気です。
 色の再現性もそれほど良くないので、デジカメでとった写真をすぐに加工しようというような用途には向きません。
・電源スイッチが緑色に光るのはちょっと目立つのであまり良い感じはしません。
・カバンに入れずに持ち歩きをするとき、一応バッテリのところがぎざぎざになっていて滑り止めになっているんですが、ちょっと持ちにくいです。
・現在、LOASの「ソフトポーチPDA(SZA-015SL(シルバー))」に入れた状態でカバンに入れています。シンプルで大きさもちょうどいいのですが、つるんとしていて手を引っ掛けるところが無いので、持ち運びに適したケースがほしいです。

いろいろ気がついたところを、良い面、悪い面とりまぜて書いてみましたが、総じて気に入っていますので、これからも持ち歩いて使うつもりです。
上の文章は、眠いときに書いたので、長い上に読みにくくなっていると思いますが、ご容赦願います。<(_ _)>

07:23 AM [パソコン・インターネット, 携帯電脳] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24531/702989

この記事へのトラックバック一覧です: Let'sNote R3雑感:

» [PC][mobile]はやともさんの「Let’sNote R3雑感」 [のんべい・さふぁいあ日記 から]
http://hayatomo.cocolog-nifty.com/diary/2004/06/letsnote_r3.html はやともさんがLet’s Note R3を使用した感想。とても参考にな ... 続きを読む

受信 Jun 3, 2004 12:42:09 PM

コメント

コメントを書く