« 映画サンダーバードを見たいのだが… | トップページ | 雷っ! »

August 08, 2004

恐怖のMRI検査

先日会社で受けた健康診断で、右腕に違和感と若干のしびれを感じることを訴えたら、頸椎ヘルニア(まぁ、むち打ちですかね)の疑いがあると言うことで、昨日会社のそばの総合病院まで出向いてMRI検査を受けてきました。

あらかじめ検査の予約は会社を通してやっていたので、病院へ行くとすぐにMRI検査室へ行き、そこで検査着に着替えて装置の所まで行き、横たわったのですが…ちょっとそこで軽いパニック状態になってしまいました。

実は私、閉所恐怖症なんですよね。
MRI検査装置は、ここを見れば分かるように、寝転がった状態で人一人分の穴の空いた装置の中に押し込まれ、検査を受ける人は身動きがとれなくなります。
最初は大丈夫かと思ったのですが、検査用のベッドに横たわり、検査技師の人に手渡された耳栓をしたところでちょっとしたパニック状態に陥ってしまいました。

検査技師の人にそのことを言うと、「事前に先生に問診を受けて、閉所恐怖症がないか聞かれませんでしたか?」と尋ねられたのですが、私は全くそういった質問を受けていません。
で、ちょっと落ち着くまで待ってから技師の方と話しをして、

・目隠しをする(検査中は目を閉じているつもりですが、万が一目が開いても自分が閉じこめられていることを認識しないため)
・耳栓はしない(検査中はかなりうるさいけど、歯科医だけでなく音まで遮断すると自分が外界とつながっているという気がしなくなるため)
・ブザーを鳴らすスイッチをもち、いざとなったらそれを押すとすぐに検査を中断する(これは誰にでもやるらしいです)

という手段を講じて検査を受けることにしました。

検査中は確かにかなりうるさいのですが、それでも外の音が全く聞こえないよりは心理的にはかなり楽になりました。
あと、どこかでファンが回っており、それの風が顔に当たるのも「外とつながっている」という気持が出て、これもかなり心理的に楽にしてくれました。

でも、万が一手足を動かして、検査装置に触れたりすると、その瞬間に「閉じこめられている」という心理が働いてパニックに陥ることが容易に想像できましたので、検査中は絶対に体を動かさないようにして硬直してましたね。
(検査そのものは首から上を動かさなければ問題ないらしいのですが、それ以外の所も完全に硬直してました)

担当技師の方が、検査を急いで、短めに終わらせてくれたのでかなり助かりましたが、後数分検査がのびたらどうなったことか…

私の閉所恐怖症は、元々ただ単に「狭くて身動きとれない状態が嫌い」という程度だったのですが、数年前に十数名乗り込んだエレベータで、全く身動きがとれないまま十数分閉じこめられたという経験をしてから、極端にひどくなって、しかも年々ひどくなっているような感じです。
(実は、ダイエットを始めた理由の一つに「狭いところで少しでも余裕を感じられるようにする」というのが有るくらいだったりします。)

こういうのって、そうでない人には笑い事なのかも知れないけど、当の本人にとっては真剣かつ文字通りの死活問題なんですよね。

03:26 AM [心と体, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24531/1147407

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖のMRI検査:

コメント

MRI検査って受けたことないですが、ちょっとイヤですねぇ。
←コイツも閉所恐怖症気味です

MRIに入っていくパンダを想像ちぅ
←某損保のCMですな(笑)

投稿者: はかせくん (Aug 8, 2004 7:24:18 AM)

私もMRIは何回も受けたことがありますが、確かにあの閉塞感はかなりいやですね。でも私の場合、ヘルニアの痛みに耐えながら動かないでいるというのが非常につらかったですが。
最近は開放型MRIというのもあるそうですよ。

投稿者: SEYA (Aug 8, 2004 11:41:53 AM)

MRIって、ナルホド閉所恐怖症の人には怖いんですね。
そういえば、自分も思い当たることが・・。
何年か前にロンドンからエジンバラへ行く寝台列車の寝台
個室が「こんな所に、ぜっったいにあのイギリス人が納まるものか!」というUボートなみの狭さで、一度は個室に入った
ものの、一度外へ出て、呼吸を整えてからでないと中に入れなかったことがありました。他にも、変なところでは、鎌倉の
大仏様の中に入った時にも「早く出たい~」という衝動に
駆られて仕方ありませんでした。これって、立派な閉所恐怖
症かな?(^^;

投稿者: ちるちる (Aug 8, 2004 6:26:07 PM)

みなさん、コメントありがとうございます。

>はかせくん
> MRIに入っていくパンダを想像ちぅ
全くの偶然なんですが、このコメントを読んでいるときにそのCMがテレビで流れて、笑ってしまいました。
あのコマーシャルでは、穴が大きめで奥行きがあまりない検査装置ですが、私が入ったのは、もっと奥行きが長い、全身がすっぽりとはいる物でしたので、恐怖感もひとしおです。

>SEYAさん
閉所恐怖症気味でない人でもあの閉塞感はいやな物でしょうから、元々閉所恐怖症の人間には本当に恐怖以外のなにものでもなかったです。
私も軽度ですが椎間板ヘルニアもちですけど、幸いにして最近殆ど痛みが無いので助かりました。

>ちるちるさん
少なくとも、私は潜水艦には乗れないと思います(^_^;)
それと良い勝負の寝台個室もかなりきついですが、私の場合「自分の意志で動けない状態」に陥ると恐怖を感じますので、まだ自分の意志で個室の外へ出られるのでしたら何とか持つかもしれません。

投稿者: はやとも (Aug 8, 2004 11:22:28 PM)

今日、MRI頭が入ったところで中止しました。ペルーの炭鉱で働いていなくてよかった....。

投稿者: (Oct 11, 2012 9:16:58 PM)

…そもそも、炭坑に入る事ができなかったりして。( ̄∀ ̄;)

投稿者: はやとも (Oct 12, 2012 8:05:50 AM)

コメントを書く