« 謎のモアイ像 | トップページ | 京ぽんバージョンアップ »

September 28, 2004

iPAQ h6315

昨日は出張先から直帰だったため、いつもより早い時間の帰宅になりましたので、ちょっと用事もあることだし…ということで大須のコンプマートモバイルサイトへ行ってきました。

そこで、いつものようのNさんと談笑…というか商談(^_^;)をしていたところにやってきたお客さんがiPAQ h6315を持ってきたのでちょっと触らせてもらいました。
iPAQ h6315

このiPAQ h6315はT-mobileが販売している物で、筐体にはT-mobileのロゴが印刷されています。

持ってみた感じは、携帯電話としては大きいですが、重さはiPAQの5xxxなどよりは軽く、意外に持ちやすく感じます。
液晶はそこそこきれいに見えましたが、若干暗めでした。

これは当然ながら日本国内では電話としては使用できませんが、持ってこられた方はアメリカ在住の日本人で、普段あちらにいるときは、当然携帯電話としても使っており、普段はBluetoothのヘッドセットをして使用しているそうです。
帰国したときもこれが携帯電話として使えて欲しい、とはその人の談でした。

ちょっと話した限りでは、ユーザーの方は標準以外のソフトは一切入れていないそうで、日本語化も当然しないまま、標準のメール、PocketIE、ポケットオフィス群のみで使用しているけど、通常の使用範囲では特に困ることはなく、便利につかっているそうです。(アメリカでは、こういう人の方が多いようです)

実はこの方、iPAQが起動しなくなったということで、友人にこの店ならなんとかなるかも…と聞いて始めて来店されたそうですが、色々揃っているこの店が気に入ったらしく、次に帰国したときもこの店に寄るようなことを言っていました。(4in1 スタイラスペンや、USBケーブルを買い込んでいかれました)
アメリカでもここの様にモバイルに特化して品揃えが豊富な店は無いみたいですね。

ちなみに、iPAQが起動しなくなった原因は単なる電池切れ。
本体の電源を切っても、携帯の着信待ち受けのために携帯電話部分には電源が入ったままになっていたようで、そのために電池を消耗していたようです。(おそらく設定でこれは変えられると思いますが、そこまでは見ませんでした)

他人の携帯電話でもあるのであまりいじることは出来ませんでしたが、日本国内ではそうみることが出来ないマシンですから、なかなかいい経験をさせてもらえたと思っています。

12:59 AM [携帯・デジカメ, 携帯電脳] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24531/1538390

この記事へのトラックバック一覧です: iPAQ h6315:

コメント

コメントを書く