« 最近欲しいと思う物達(その1) | トップページ | 本日の体重(10/31、歩数記録有り) »

October 31, 2004

最近欲しいと思う物達(その2)

さて、、「その2 デジカメ編」です。

8月半ばに現在使っているCaplioRXを買ってから、以前にも増してばしばしと写真を撮るようになっています。
いや~、35mmフィルム換算で28mmのワイドってのは、とても使いやすいし、使っていて面白いです。

でも、そうやって毎日のようにRXを持ち歩いて使っていると、少し不満も出てきて、もうちょっと上のクラスのデジカメが欲しくなって来ちゃったんですよね。

RXで不満なのは、
・320万画素機なので、Web用としては特に問題ないけど、印刷用としては解像度が低い。
・撮影データのカードへの書き込みが遅い。
・ピント、絞りをマニュアル調整可能ですが、絞り優先モードが無い。(できればシャッタースピード優先も欲しい)
・シチュエーションによっては、色合いが狂ってしまう。
・暗部や一面単色といった時にオートフォーカスがあわないことがあるため、マニュアルでピント合わせをする頻度がかなりあるのだが、十字キーをいじるため操作しづらい。
といった所です。

これらの点をふまえて、今欲しいと思っているカメラを考えてみました。

まず、条件として考えると、私が撮影するシチュエーションと好みから考えると、

・ワイド側の画角が28mm(またはそれ以上広角。ただし、コンバージョンレンズが手軽に付くのであれば、それでも可)
・可能ならば手ぶれ補正機能が付いている(会社からの帰宅時に撮影することが多いけど、夜はシャッタースピードを遅くする必要があるからどうしても手ぶれしやすいから)
・500万画素以上(出来れば700万画素以上)
・最近腰を痛めているため、軽いにこしたことはない。
・操作がきびきびしていること
・値段は安いに越したことはないが…(ただ、こういったハイアマチュア向けのデジカメは、コンパクトカメラといえど、安い一眼レフのボディ位するのも珍しくないから…)
・マニュアル操作が充実かつ操作しやすいこと

あと、よくデジカメのカタログで大々的にうたわれる事の多いズーム倍率については、
「出来るだけあるのにこしたことはないけど、コンバージョンレンズで実用範囲が広がればよい」
といった所でしょうか。

という感じで候補をいくつか絞ってみたところ、以下の物達が上がってきました。

候補1:RICOH CaplioGX
今使っているCaplioRXの上位機にあたる500万画素機で、画角は28mm~85mm。
純正のアダプタをつけると37mm径の市販のフィルターやコンバージョンレンズが使用できます。(純正のワイドコンバージョンレンズ(22mm相当まで広角になる)も安価でそろえられています)
大きさもCaplioRXとそう変わらないですし、デザイン的にも黒色ボディが派手さはないけど私好みです。

良い点:
・今回候補としてあげた中では最も安価(実売4万円台後半)。
 これにアダプタやコンバージョンレンズをつけて買っても7万円台でおさまるかな。
・同様に最も小さく軽量です。
・RICOHのカメラ全体に言えますが、はまるシチュエーションではものすごく良い発色をしてくれます。(ただし、苦手なシチュエーションが多そう…)
・CaplioRXと比べると、専用ダイヤルを備えていて、マニュアルでの操作がしやすくなっている。
・絞り優先オートのモードが設定された(ただし調整範囲は狭い)

悪い点:
・今回候補として上げた中では最も画素数が少ない。
・RICOHのカメラ全体に言えますが、苦手なシチュエーションでは色が破綻する。
・せっかくの絞り優先モードなのに、そこでは絞りの調整が三段階しか出来ないってのは…
・本体はコンパクトなんだけど、アダプタをつけていると取り回しが悪くなりそう。
・ズーム側の画角が85mmってのはRXの100mmから比べても少し物足りない…(まぁ、これはコンバージョンレンズでカバーか…)
・手ぶれ補正は無い
・カードへの書き込みはCaplioRXと同様に遅い。(というか、画素数が上がった分さらに悪化していると考えられる)

といった所でしょうか。
店頭でいじった感じでは、私の感覚にしっくり来ますし、今のところ一番候補です。

候補2:Nikon COOLPIX8800
NikonのコンパクトデジカメCOOLPIXの最上位機種として11月に発売予定のもので、800万画素、手ぶれ補正機構付、35mmフィルム換算で35mm~350mmという10倍ズームが売りのカメラです。

良い点:
・手ぶれ補正機構はかなり重宝しそう
・800万画素あるためA4の印刷にも楽々耐えられる
・(雑誌などでの実写画像を見る限り)画造りも私の好み。破綻する範囲も狭そう。
・350mmのズーム(実際使うシチュエーションがどれだけあるか疑問だけど…)
・ハイエンドコンパクト機らしく、マニュアル操作できる部分がかなり多い。

悪い点:
・ワイド端が35mmなので、私の好みからするとワイドコンバージョンレンズは必須
・今回の候補中、最も高価(13万円くらいか?これにコンバージョンレンズの値段が加わるが、純正品はそこそこ高価)
・カードへの書き込みはあまり早くはないらしい。
・操作系は、メニュー表示がごちゃごちゃしていてわかりにくいところがあるらしい。

といった所です。
まだ発売前なので店頭でいじるわけにはいきませんが、これの前の型であるCOOLPIX8700を見る限り、使い勝手はそこそこ良さそうです。(ただ、手ぶれ補正がついた分、120gも重くなったから、構えたときのバランスなどは不明)

候補3:KONICA MINOLTA DiMAGE A-200
コニカミノルタのハイエンドコンパクト機DiMAGE A-2の兄弟分にあたり、これも11月発売予定の物で、800万画素、手ぶれ補正機構付、35mmフィルム換算で28mm~200mmという7倍ズームが売りのカメラです。

良い点:
・手ぶれ補正はかなり優秀らしい。
・8800と同じく、800万画素あるためA4の印刷にも楽々耐えられる
・ワイド端で28mm、ズーム端で200mmという画角のため、私が使用する範囲ではコンバージョンレンズを用意しなくとも良い。
・やはりマニュアル操作できる部分がかなり多い。
・A-200よりは若干小型化されている。
・このクラスのコンパクトデジカメの中では、比較的安価(とはいっても、実売予想価格が10万円だが…)

悪い点:
・雑誌などでの実写画像をまだ見ていないので、画造りが私の好みかどうか不明
・A-2で採用されていた、アングルをかえられるビューファインダーが固定式になった
・操作系はA-2と比べてシンプルになっている。A-2では表に出ていた操作が、メニューから呼び出す形になった物があるようなので、操作性に若干不安が残る。

といった所です。
CaplioGXほどではないですが、COOLPIX8800よりは軽いし、私が使う範囲に限ればコンバージョンレンズもいらないのでかなり良さそうに思えます。

候補4:Nikon COOLPIX8400
これは、候補2に書いたCOOLPIX8800と双璧をなすNikonのハイエンドコンパクト機で、800万画素、35mmフィルム換算で24mm~85mmという超ワイドが売りのカメラです。

良い点:
・24mmの超ワイド!
・画造りはものすごく私好み
・ハイエンドコンパクト機らしく、マニュアル操作できる部分がかなり多い。

悪い点:
・手ぶれ補正は残念ながらついていない。
・ズーム側の画角が85mmってのはGX同様少し物足りない。
・値段はそこそこ11~13万円と高価
・デザインが好みではない

といった所です。
手ぶれ補正機構が付いていないのが悔やまれますが、撮影画像がとてもいいのと、なんといってもコンバージョンレンズなしでも24mmという超ワイドが撮影できるのが強みです。

他にも、OLYMPUS CAMEDIA C-8080 Wide Zoomとか、旧型になった500万画素機Nikon COOLPIX5400というように気になるカメラもありますが、今のところこういう感じで色々と検討中です。

…でも、私のことだから、これだけ検討していても、全く別の物(たとえばPanasonic LUMIX FZ10を中古か型落ちで買ったり、FZ20なんか)を買ってしまうってオチになりそうな気もするな(^_^;)

03:59 AM [携帯・デジカメ, 携帯電脳, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24531/1816375

この記事へのトラックバック一覧です: 最近欲しいと思う物達(その2):

コメント

はじめまして。A-200で検索してやってきました。
デジカメに求めるものが私と近いです。(^^)

元々広角好きだったことと、仕事柄狭い路地やインテリアなどを撮ることも多く、昨秋からCaplio G4 Wideを(暫定的に)使ってきていましたが、もっと画素数が多く、絞り・シャッター優先モードがあり、同じくらい広角寄りのズームで、手ぶれ補正がついている or 明るいレンズ or 素性の良いCCDのデジカメを探しています。
リコーは銀塩時代から広角コンパクト好きにはたまらないですし、実際今もCaplio R1が欲しかったりします。起動時間が早くてかなりコンパクトなR1は、サブのスナップ撮影用に鞄のポケットに入れておく、とかには最適ですね。しかし、ちょっと本格的に撮ろうと思うといろいろ物足りない点が多いのも事実。

A-200も良さそうな感じがぷんぷんしますが、おっしゃるとおりEVFが固定されてしまったのが惜しいですね。A-2では2眼レフのように「上から覗いて」撮れたのが、見た目的にも実用としてもけっこう面白いと思っていました。

COOLPIX8400も結構すごいデジカメですよね。24mm相当となると広角撮りがメインなら手ぶれ補正も不要でしょうし。ただCP5000を仕事で使っていましたが、ニコンは不思議とプライベートでは使いたいと思いません。なんでかな。

わたしは近いうちにオリンパスのE-300とA-200を比べてどちらかを買ってしまいそうです。

投稿者: ミツ人 (Nov 21, 2004 7:09:02 PM)

>ミツ人さん

コメントありがとうございます。
コメント頂いた内容を読むと、本当に求めるところが近いですね(^o^)

CaplioR1も少しだけ考えたのですが、意外にホールドしづらいのと、いじりどころが少ないので候補からはずしました。

この他にも、コンパクトタイプだと、CanonのPowerShotS70なんかもワイド端が28mmということで、これも気になりだしています。

でも、A200の実機を店頭でいじってから決めようと思い、今はまだ待ちの段階です。
この分だと、A200、PowerShotS70のどちらかになりそうな感じになってきています。

投稿者: はやとも (Nov 23, 2004 1:02:24 AM)

コメントを書く