« リナザウ備忘録(その1 PIM関係編) | トップページ | リナザウ備忘録(その3 通信関連編) »

November 26, 2004

リナザウ備忘録(その2 システム/ユーティリティ編)

前項に引き続き、先日より現役に復帰したリナザウSL-C750のセットアップ備忘録その2です。

(その2)システム/ユーティリティ

TreeExplorerQT
ファイルエクスプローラー風のファイル操作ユーティリティ。とりあえずFree版をインストールしました。
動作も機敏で、お手軽にファイル操作ができるのが良いです。

qpe-embeddedkonsole-ja ワイド版
コンソールとしてqpe-embeddedkonsole-ja 日本語入力欄付きワイド版パッケージ をインストールしました。
フォントをlcfont largeに変更すると、LCFONT 16dotに詐称(方法は後述)したぱうフォントが使用できます。

ぱうフォント
こちらの情報に有るように、インストール後、コンソールから、

# cd /home/QtPalmtop/lib/fonts
# mv lcfont_160_50_t10.qpf lcfont_160_50_t10.qpf.org <- バックアップなので、名前は適当
# ln -s pawfont_160_50_t10.qpf lcfont_160_50_t10.qpf

として、LCFONT-16dotに詐称すると標準フォントしか使えないソフトでも、16dot表示はぱうフォントになります。(操作はrootで行うこと)
ちなみに、これを行うとスクリーンセーバーでの日時表示もぱうフォントになります。

KeyHelper Applet
リナザウユーザー必携の、多機能キー操作ユーティリティ。

設定したキーは、

「カナひら」をctrlに割り当て
「Address」をuser1(Launcher用)に割り当て
Address+数字キーの1~0にそれぞれよく使うアプリケーションを割り当て
Address+C,Dにそれぞれネット接続・切断を割り当て
Address+Q,Pにそれぞれ再起動、電源切断を割り当て
Address+Rに画面回転を割り当て
「全/半」をIME起動キーに(QPOBox用)
SHIFT+Spaceに半角スペースを割り当て(QPOBox用)

等を行いました。

また、それに合わせて、アプリ起動キーとして使用する数字キーの上に、PCのキーボードに時々ある、ファンクションキー割り当て表示テンプレートのように、紙に印刷した物を貼り付けています。
キーボード

拡大するとこんな感じで、C750では数字キー一個あたり9.5mmという計算になりました。(高さ方向は適当)
KeyLabelZoom_041127.jpg

QPOBox
言わずと知れた、POBox(増井氏作)のリナザウ版です。
新しいバージョンも有るけど、「テスト版」との注釈が有ったので、旧版をセットアップ。(poboxserver 1.25、qpobox 0.3.6)
これに、♪きむらかずし氏作のstaticdic-nnf辞書を組み合わせて使用しています。
なお、辞書登録をちまちまやるのがうっとうしかったので、辞書ファイル(/home/QtPalmtop/pobox/staticdic)をエディタで直接編集して、あらかじめ必要なものを登録しました。
この際、

(1)PCで編集する場合は、文字コードはEUC、改行コードはLFに出来るエディタが必要
(2)登録は元の辞書のabc順と矛盾しないようにしなければいけない。

ことを注意しなければいけません。

なお、私はPalmのJ-OSを使用していた時にちまちまと登録していたユーザー辞書がテキストで残っているので、そこから変換して登録しています。
また

/opt/QtPalmtop/plugins/inputmethods/inputmethodslist
を作成し、中に
libqpobox.so

とだけ記述することで、IMEとしてQPOBoxがデフォルトで起動するようになります。
QPOBoxとKeyHelperの併用も
/home/zaurus/Settings/qpobox.conf の[global]セクションに
UseKeyHelper = 1

を追記することでできますが、それを行うとOperaとの併用時、英数半角混じりの登録語に変換するとSHIFT+EnterがOperaに入力されて、フルスクリーンモードの切り替えになってしまうという現象が出たため、今ははずしています。

Zeditor
テキストエディタ。必要十分な機能と、軽い動作で気に入って使って、各種設定ファイルなどはこれで編集しています。
ただ、アウトラインプロセッサ的にEBtなんかもいいかなと思い始めています。

qshdlg
CUIとGUIの間を繋ぐ為の汎用ダイアログツール。
Opera用設定アプレット起動用に使用するためにインストールしました。

どんとこいタイム
SNTPクライアント。
インターネット上のNTPサーバ(タイムサーバ)に接続して、ザウルスの時刻合わせを行うことができます。
コンソールからntpdateコマンドを使うなどしても同じ事が出来ますが、今回はGUIでできるこれを入れました。

01:45 AM [パソコン・インターネット, 携帯電脳] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24531/2069946

この記事へのトラックバック一覧です: リナザウ備忘録(その2 システム/ユーティリティ編):

コメント

コメントを書く