« 骨折日記(06/03/12) | トップページ | 今日は3月14日 »

March 14, 2006

骨折日記(06/03/13)

昨日は午前中に毋の運転する車に乗って病院へ。
時間がかかるから、帰りはタクシーで帰る事にして毋には先に帰ってもらう。
(これが間違いのもとだった…)

しばらく待ってから診察。
レントゲンを撮ったり、ギブスの巻き直しをしたり。
院長の見立てでは、可能ならば手術にした方がいいと思うが、私の恐怖症の件はよく知っているから無理して勧められないという話。
ということは、どうしても手術しないとならないという症状でも無いということらしい。
(院長曰く「このままでも骨はくっつし元通り歩ける様になるけど、完全に元通りにははまらないからね」とのこと)
相談の結果、院長が紹介先の病院に私の恐怖症の事を話し、それに対応出来る方法が有ったら手術をする、無ければしないということで結論は水曜日に出す事に。

骨折自体の痛みはかなり落ち着いており、まだ患部は腫れているけどかなり落ち着いてきています。
ただ、完全に固定するギブスにはなっていないから、
で診察が終わってタクシーで帰宅…したのだが、母親がまだ帰っておらず鍵を持っていない私は家に入れない状態になってしまいました。
毋と別れてから既に二時間以上経っているし、私が鍵を持って来ていない事を言ったから、すぐに家に帰っていると言っていたのに、事故にでも遭ったかと心配になってしまいました。

結果から言うと、私が鍵を持っていないのをすっかり忘れて買い物をしていたのと、毋は元々時計を持たない人なので時間がかなり経っているのに気がついていなかっただけで、事故でもなんでも無かったので良かったです。
でも、今後病院へ行く時は、往復ともタクシーにして、しかも家の鍵を必ず持って行く事にしました。

で、寒い事もあって丁度休みで自宅にいる友人に電話し救助してもらいました。
で、合流後二人で食事等、途中なんとか母親と連絡が取れてほっとしたので、その後、夕方家まで送ってもらいました。

この歳になって家を閉め出されるとは思わなかったけど、救助してくれた友人には大感謝です。

11:28 AM [日記・コラム・つぶやき, 骨折日記] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24531/9084503

この記事へのトラックバック一覧です: 骨折日記(06/03/13):

コメント

コメントを書く