« 追加:垂井町の鯉のぼりのパノラマ写真(その2) | トップページ | ナゴヤ・エキトピア祭り抽選会場 »

May 04, 2006

「小さき勇者たち ガメラ」感想(ネタばれ有り)

昨日は某お嬢様と一緒に名古屋駅側のセンチュリー豊田ビルにある「名古屋ピカデリー6」まで行き、「小さき勇者たち ガメラ」を見てきました。
まぁ、カップルで一緒に見に行く映画かどうかは議論の分かれる所でしょうが、私と友人、そしてその友人の車がエキストラで参加しているということと、まぁ両方ともこういうものが嫌いでは無いので…(^_^;)
エキストラで参加した時のレポートはこちら

まずはネタばれにならない程度の簡単な感想です。

もう既にいろんなところで言われていますが、よくまとまっている映画に仕上がっていて、怪獣映画になじみの少ない人でもすんなりと観る事が出来るのでは無いでしょうか?
あと、子役、特に主人公の男の子の演技が上手い!

平成ガメラ三部作では藤谷美紀の演技の下手さで興ざめしてしまったところがあったんですよね。
今回は子役も周りの大人もきっちりと演技が出来る人で固められていて、そういう余計な所で興ざめする事がなかったのはとても良い感じです。

さて、これ以降はネタばれ有りの感想でしかも長文になりますのでご注意ください。
(エキストラに参加した我々がどこに出ていたかも一緒に書いてあります)

さて、もう少し内容に絡めた感想です。

まず、冒頭の1973年の光景。
複数のギャオスに襲われるガメラ!そしてそれに続くガメラの自爆。
ここで旧ガメラファンはぐぐっと引きつけられますね。他の人のところで、これで昭和ガメラと平成三部作との世界観をつなげられた、という感想が有りましたが、私は逆にその二つに対する敬意を表すとともに、別物であると言う宣言を行った様に感じました。

そこからガメラが卵から孵り、主人公の透とガメラ(というか亀の)トトとの交流が描かれる前半部は、ほのぼのとしていて実にあたたかな感じで観る事が出来ました。
ここでガメラを演じた(?)亀が可愛いんだよねぇ。
私はこういった「動物とのふれあい」とほのぼのとした日常を描いたシーンに弱いんですよ。
特に、この映画の様に「後での別離」が確実に予定されている物には格別に弱い…

ここではギロンに対するオマージュも有り、昭和ガメラファンにはクスリとする場面も有りました。

そしてジーダス登場!
なんでジーダスって名前になったかわからんけど劇中では一回目の襲撃終了後にはもういきなり名前がついていました。
こいつの印象は「巨大肉食エリマキトカゲ」ってとこかな。

そして成長したガメラ登場!
って、この造形はなんというか…(^_^;)
亀の「トト」のイメージとは既に全く異なっていて、また今までの「ガメラ」とも全く印象が違う…
はっきりいって、妙に可愛く、人間っぽい感じが出過ぎていて、「ニンジャタートル」そのものって感じです。
平成三部作と違って「子供の味方」というところを出したかったんだろうけど、やはり可愛過ぎてプロポーションも人間っぽすぎる…
今回の映画の最大の問題点だろうなぁ…

後半、ジーダスの再上陸。
ジーダスが上陸したという知らせの直後に「名古屋理科大」(ロケ場所はセンチュリーホールかな?)を襲撃してるってのは無理があるような気が…

ここから最後の決戦までは名古屋を知っている人なら、どこかで観たような所のオンパレード。
子供達が歩き回ったり、トトのお守りの石をリレーする経路は名古屋を知っている人だとすごく回り道をしているのがわかります(^_^;)

リレーのところは、記憶をたよりに書くとこんな感じでした。

1.センチュリーホール(麻衣→女の子1)
2.→丸の内(女の子1→男の子1)
3.→大須(男の子1→男の子2)
4.→納屋橋(男の子2→女の子2)
5.→名古屋港ガーデン埠頭(女の子2→女の子3)
6.→栄付近??(女の子3→石田勝/克也兄弟)
7.→栄付近??(石田勝/克也兄弟→透)

…でも、まぁ映画の本質には全く関係ないし、それを言うのは野暮ってところですな。

ジーダス再上陸からこのリレーの間でエキストラで参加した私、友人、友人の車を発見。

場所は、
友人:栄で避難民の間を走る車をよけて、その横を走っているサラリーマン風の男
友人の車:上のリレーのシーンで、女の子2が走って行くところの脇で後ろから煙を吐いている様にされて止まっている黄色い車。
私:二カ所で出てました。…っていってもすごく微妙。
その1)女の子2から3にお守りを渡されるシーンで、カットが切り替わる直前に女の子の前を横切る紫色っぽいシャツの部分だけ(首下から腰のあたりまで…(^_^;))。
一瞬(数コマ?)だし非常に微妙ですけど、撮影時に私の目の前でそういう演技が有ったのと、私の横をカメラを載せた軽トラックが抜けた直後にカットの声が有り、そしてそのちょと前に見覚えが有るリュック(前を走っていた少年の物)が見えたのでまず間違いないかと。
その2)スローモーションで女の子3が画面奥に走って行くシーンで、女の子の横、画面左手で手前方向に走っている、紫っぽいシャツ、ジーンズ姿の人間(首から下のほぼ)全身がやや長目に写っています。
女の子が通った直後にカメラを横切って走る役目を割り振られていましたが、その直前でカットされてます。

…顔は全く写っていないけど、まぁ自分ではわかるだけ写ったんだからよしとしよう。
(というか、自分でないと絶対にわからない(^_^;))
しかし、最初の予定通り警官役で写っていたら、もう少し目立ったかもなぁ。

で、最後のクライマックス、名古屋駅前での決戦です。

これは観ている劇場の場所が場所だけになかなか臨場感が有ります。
或る意味、最もこの作品を見るのに適した劇場だと言えましょう。(・∀・)
(ちなみに、劇場の場所はこちら、ガメラとジーダスが最後に戦ったのはこの辺りの桜通り沿い)
JRセントラルタワービルにガメラはブッ刺さるし、ジーダスはよじ上るし…
縦方向の攻防、特にセントラルタワービルを上から望んだカットは新鮮でした。
いやぁ、二匹の怪獣の重量がかかっても倒壊しないとは、丈夫だぜJRセントラルタワーズ!
(余談ですが、映画を見終わった後は二人でこのビルにあるレストランで食事をしていました。食後のお茶の時、「ちょうどこの辺りにジーダスの足がかかっていたね(笑)」等と言う会話が有ったり(^_^;))

決戦そのものは多少大人しい感じでしたが、これは「可愛過ぎる」ガメラの造形が迫力をそいでいた面が有るのは否定出来ないですね。
透がお守りの石をトトに与えた直後、落下するトトがジェット噴射を行ったシーンにはカタルシスを感じたんですけど。

でも、決戦後、透が倒れたトトの鼻をなでる仕草をしてトトとの決別をするシーン。
…私は不覚にもここでジーンときてしまい、もう少しで涙腺が緩むところでした。
こういう動物との別れには本当に弱いんですよねぇ。
なんか、このシーンは「怪獣映画」というより「動物映画」の側面が強いような感じがしたなぁ。

ということで色々雑多に書き連ねてきましたが、全体的にはよくまとまっています。
怪獣映画に慣れていない人でも安心してみる事が出来るんじゃないかな。
我々が行った時は夕方の回だったせいか、あまり子供連れはいませんでしたが、子供と一緒に行っても安心してみる事が出来ると思います。

ちなみに、我々が行った時の客層は、
・やや歳の行った男性が一人で来ている
 (これが実は一番多かった)
・我々と同じくカップル連れ(意外といた)
・親子連れ少々
という順番でしたかね。

もっと早い時間だったら子供も多かったと思います。

おまけ。
決戦の場所となったJRセントラルタワーズの昨日の様子。(GR-DIGITALで撮影。夕方の逆光なのでちょっと暗め)

Jrtowers_060503

それと、ガメラの火炎弾でやられたジーダスが爆発炎上したあたり。(これは先日(4/30)に*istDs2で撮影。日没直後くらいかな。既にかなり薄暗くなっていました。)

Nagoyastgamera_060430

ジーダスはこの写真のVodafoneの看板よりはもう少し奥で爆発した感じだったかな。

03:05 PM [映画・テレビ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24531/9895839

この記事へのトラックバック一覧です: 「小さき勇者たち ガメラ」感想(ネタばれ有り):

» 小さき勇者たち ~ガメラ~ [シアフレ.blog から]
子供向きではありますが、とても感動しました。生まれたばかりのトトがとても愛らしく、ガメラとの出会いで大きく変わってく少年少女たちの姿に心が温まりました。 続きを読む

受信 May 8, 2006 3:31:32 PM

» 『小さき勇者たち~ガメラ~』 [『真・南海大決戦』 から]
字が汚いのもいつもの事だけど… にしても、コレは… に、似てねェ… 富岡涼、夏帆両氏の関係者、及びファンの方はモニターの上部を手で覆いながら読んで下さい。 やはり三次元の人物は厳しいぜ… いや、二次元だって満足行くもの描けてないというのに。安パイで怪獣だけという手も十二分にあったんですが… いや、この映画に関してはそれはダメだな、と。 何故ならば、今までの怪獣映画は何だかんだ言っても、最終的に美味しいところ持っていくのは怪獣だし、怪獣が主役の映画なんですよ。 でも、これは違う。 ... 続きを読む

受信 May 11, 2006 3:58:12 PM

» 小さき勇者たち 〜GAMERA〜 06年100本目 [猫姫じゃ から]
小さき勇者たち 〜GAMERA〜 田崎竜太 監督 ありがとう! あたしのG3に対する昔年のわだかまり、ほぼ解消しました! 京都から志摩まで、ず〜っと戦ってきたんでしょ? その間に、あれだけいっぱいいたギャオスも、残りわずかになったんでしょ? そして最後に、...... 続きを読む

受信 May 14, 2006 2:58:51 AM

» ガメラ:5月18日の補完。 [ガメラ医師のBlog から]
 ♪ざ〜んこ〜くな、GAMERAのテーゼ。  Yahooで対戦したりしていましたが、 いくら成長しても、相手が軌道上にまで展開されちゃあ、ねえ…  今日は、主に名古屋ロケに参加された皆さんのフォローを中心に更新。  公式Blog『がんばれ !! ガメ太郎(以下略 ) 』さん、5月16日に新規の更新。 写真も【写真あり】 http://blogs.yahoo.co.jp/totogametarou/3462302... 続きを読む

受信 May 18, 2006 5:43:22 PM

» ガメラ:8月11日のロケの様子(公開後追加版) [ガメラ医師のBlog から]
本エントリーは、ガメラ:8月11日のロケの様子の追加分です。公開後の記事なのでネタばれを含みます。06年5月18日の追加分となります。 『はやともの徒然日記』 http://hayatomo.cocolog-nifty.com/ さん、06年5月4日の更新。 「小さき勇者たち ガメラ」感想(ネタばれ有り) 【写真あり】 http://hayatomo.cocolog-nifty.com/diary/2006/05/__a913.html  映画の... 続きを読む

受信 May 18, 2006 5:47:39 PM

コメント

おーおーおー。次は是非志摩へ行ってくれ。もうちょい治ったならな。

投稿者: (篁)/68区27点 (May 4, 2006 7:01:02 PM)

>(篁)/68区27点 さん

毎度コメントありがとうございます。

怪我が治ったら行ってみるのもいいですな。(・∀・)

投稿者: はやとも (May 5, 2006 7:26:31 PM)

 TB有り難うございました。
反応が遅くなり大変申し訳ありません。拙Blogにてこちらのエントリーをご紹介・TBさせていただきましたので、ご挨拶に参りました。読み応えのある内容を充分堪能いたしました。
 おまけの写真も素敵です。

投稿者: ガメラ医師 (May 18, 2006 6:58:14 PM)

コメントを書く