« 猫のお出迎え | トップページ | 本日の体重(06/5/24) »

May 24, 2006

PENTAXの手ぶれ補正機構内蔵一眼レフ発表

もう昨日になりましたが、PENTAXの新一眼レフ「K100D」の発表が有りました。(リンク先はデジカメWatchの記事)
610万画素で、外見もあまり*istD2/Ds2/DLと変わらないように見えますが、なんとボディ内に手ぶれ補正機構が内蔵されています!(・∀・)

この手ぶれ補正機構は撮像素子を動かす方式なので、基本的にどんなレンズを使っても対応できます。
古かったり、ロシア製レンズのように焦点距離がボディ側から読み取れないレンズは、手動で焦点距離をセットする必要が有りますが、それでも原理状ボディに着くレンズであれば、全て使えることになります。
(ただ、おそらく焦点距離が読み取れないズームレンズは特定の焦点距離だけで使用可能か、または手ぶれ補正機構を切るしかないでしょう)

この他、付属の現像ソフトのエンジンにSILKYPIXのエンジンが採用されたということで、大幅に改善されていることが期待で来ます。

惜しむらくは、ファインダーが*istDs/Ds2のペンタプリズムではなく、DL/DL2のようにペンタミラーだという点ですが、これはこの製品のターゲットがAF主体の初心者向けということなんでしょうか。
でも、そう考えたら、値段もデジタル一眼レフとしてはかなり格安だし、これは始めての人に安心してお薦めできます。

*istDs2を持っている私には、買い替えるほどの訴求力には欠けますけど、それでもこの手ぶれ補正機構はかなり魅力ですな。

でも、どっちかというと、私には同じく今日発表になった新しいレンズ「DA 21mm F3.2AL Limited」の方が気になってたりして。(リンク先はデジカメWatchの記事)

さて、夏のボーナスで50mmマクロレンズを買うか、こいつを買うか…、それとも秋頃にPENTAXが出すと発表している1,000万画素の上中級者向けデジタル一眼レフを待とうか…
…って、無駄使いはあまり出来ないので、いずれも買えないってオチが一番有りそうですがね。(^_^;)

でも、秋頃に出るという1,000万画素デジタル一眼が、今日発表された手ぶれ補正機構がついて、ファインダーがペンタプリズムで、バッテリは今と変わらずCR-V3or単三電池で、オプションでバッテリグリップが有って、ファインダスクリーンが今のと共通なのに交換できれば言うことなしだな。(・∀・)
(注文多過ぎだって…)

12:29 AM [携帯・デジカメ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24531/10213435

この記事へのトラックバック一覧です: PENTAXの手ぶれ補正機構内蔵一眼レフ発表:

コメント

コメントを書く