« 名古屋駅の「痴漢撲滅」ポスター | トップページ | 亀を見た »

May 10, 2006

雨の中は怖い…

昨日の帰宅時は雨。
霧雨状で、あまり激しく無かったとは言え、今の私の様に松葉杖をつきながら通勤している身にとってはかなりつらい状況でした。

松葉杖をついているとは言え、右足の補助として一本だけの使用(左手で使用)なのでましですが、それでも杖が滑ってしまうと転倒する可能性が高く、そうなるとまた再骨折する可能性が高いため、雨の時の歩行は大変危険で細心の注意が必要になります。

また、転倒時の危険防止のため右手は常に空けておく必要があるので傘をさして歩く事もできません。

そんな感じで注意しながら会社から駅まで歩いたので、健康時なら10分、今の状況でも天気がよければ二十数分で行ける所を45分程もかかってしまいました。(これだけ時間がかかったのは、最短ルートでは、濡れると非常に滑って健康時でも危険な地下道が有るため、遠回りをしていったせいもあります)
しかも雨の中、傘もさせないので霧雨状だったとは言えかなり濡れてしまいました。
ただ、途中、親切な方が傘に入れてくれたのはとても有難かったです。
話を聞くと、ちょうどこの方も先日まで松葉杖をついていたので、この苦しさがよくわかるということで、それで親切にも私のペースに合わせて傘をさして歩いてくれました。

その方と駅で別れた後は、電車に乗って帰宅した訳ですが、これ以降は屋根の有る所ばかりとは言えやはり危険が一杯です。

例えば、濡れた電車の床…、これはものすごく杖が滑るので大変危険です。
また、駅の点字ブロックも同様に滑り易い素材の物が時々有って危険ですし、トイレのタイル等もそうですね。

そんなこんなで雨の時の通勤は非常に危険が一杯なんですね。
ですから、本当は雨が降っていたり、降りそうなときには休みたいところなんですが、なかなかそう簡単には行かないのが悩みです。

例えば、朝会社に行く時に雨が降っておらず、帰宅時に降るという予報の時。(昨日や今日)
この時はなかなか休みにくいですし、周りの理解も得られ難いんですよねぇ…

また、直前まで雨が降っていたけど今はやんでいると言う時。
この時はまだ地面や床は濡れていて危険度は変わらないんですけど、これも周りの理解は得られ難いんです。

一応、会社には「雨の時は出勤出来ない」ことを伝えて了解は貰っているんですけど、上の二つの場合はなかなか難しいので大変です。

で、さらに問題なのは母親なんですよねぇ。
母親の世代は「どんなに無理しても働くのが美徳」という意識の世代ですので、雨で危険な状態でも会社に行かないのは怠けていると認識しちゃうんです…。
(実態は「行けない」なんですけど理解してもらえません。)

…さて、今日は午後から雨だということだけど、書かなきゃ行けない資料も有るしどうするべきかなぁ。

08:47 AM [骨折日記] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24531/10000715

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の中は怖い…:

コメント

会社に泊まりこみだな。
仮眠室を使うとか。

投稿者: 名古屋是清 (May 10, 2006 10:25:12 PM)

今日も帰りに雨に降られたけど、たまたま帰りが一緒になった知り合いが車で刈谷駅まで送ってくれたので助かりました。

>名古屋是清さん

…それは避けたい。( ̄▽ ̄;;

投稿者: はやとも (May 10, 2006 10:38:10 PM)

タクシーを呼んで駅まで。駅からタクシーで会社まで。

投稿者: (篁)/68区27点 (May 11, 2006 1:07:51 AM)

コメントを書く