« 本日の体重(06/7/5) | トップページ | 撃ちやがった… »

July 05, 2006

W-ZERO3[es]発表

既に色々なところで書かれていますが、昨日WILLCOMからWindowsMobile採用のスマートフォン第2段としてW-ZERO3[es]が発表になりました。

なかなか薄くて、小さくて、こりゃいい感じじゃないですか。
一見、ちょっと液晶が大きめのストレートタイプの携帯電話にしか見えず、比べて見ると、今のW-ZERO3のデザインが野暮ったく見えるような感じがします。
白い方も黒い方も、どちらもおしゃれ&精悍な感じがしていいですね。

内容の方も、

ATOK内蔵
USBホスト機能
データ通信中の着信に対応

と、W-ZERO3で不満に思っていたところが解消されています。
特に通信中の着信に対応したのが大きいですね。これがなかったのでW-ZERO3は電話として使いにくかったのですが、これでようやく普通に電話としても使えるようになりそうです。
(ただし、これはW-SIMの機能なので、今までのW-ZERO3ユーザーもバージョンアップで対応できるかも)

あとUSBホスト機能に対応したのも大きいです。
これにより、マスストレージクラスに対応のデジカメ、MP3プレイヤーなどのデバイスとの接続もできるでしょうし、本体に内蔵されなかったBluetoothのアダプタ(発売予定)をつけることもできるようになります。
それに加え、ワンセグチューナーも発売される予定だし、色々と面白く使えそうですね。

対して、残念、または疑問に思うところは、

Bluetooth非内蔵(オプション対応)
無線LAN非内蔵(オプション対応)
画面が小さくなってちゃんと見えるのか…
キーボードの縦ピッチが詰まったみたいだが、ちゃんと打てるのか

というところですが、無線系の非内蔵については、オプションで対応できるわけだし、それによって本体価格と大きさを抑えることができるのだったら、それは欠点にはならないと思えます。
とすると、一番の懸念点は液晶の大きさかなぁ…

値段もW-SIM新規契約有りで29,800円、W-SIM無しの単体が36,800円とPDAと考えても破格の安さ。

…もう、こりゃ買うしかないですな。(・∀・)

ということで、ボーナスだし、もうすぐ誕生日だし…、ということで、W-SIM無しの単体を購入する決意を固めました。
しかし、あと一日こいつの発表が遅かったら、自分への誕生日プレゼントとしてVAIO UXのゼロスピンドルモデル(リンク先はPC Watchのレビュー記事)を買うところだった…、見積もりまで済んでいたんだけど、ぎりぎりでこっちが発表になったので助かりました(爆)

08:22 AM [パソコン・インターネット, 携帯・デジカメ, 携帯電脳] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24531/10796685

この記事へのトラックバック一覧です: W-ZERO3[es]発表:

コメント

来ましたね~。待ち受け時間も連続通話時間も長くなってますね。

でも、私、PDAは胸ポケットにあってこそと思って前のW-ZERO3はスルーして……
iPAQ rx1950 買ったばかりです。orz

もちょっと早く出てたら、即買いだったんですけどね。
でも幸い個人持ちケータイは持ってないので、これを機会に、と思わないでもなく。

投稿者: 濱口よしたか (Jul 6, 2006 8:51:55 AM)

>濱口よしたかさん

私も、PDAは胸ポケットに在るのが一番だと思っています。

ちなみに、W-ZERO3は楽勝で胸ポケットに入りますが、さすがにちと重くて肩がこりますな。

最近、服のサイズが小さくなったので、以前のようにはポケットに収まってくれませんが、以前はVAIO U1なんかも胸ポケットにおさまったことが有るので、私の頭の中ではその辺のmicroPCはPDAとして認定されています。(・ω・)\バキ

投稿者: はやとも (Jul 6, 2006 9:16:08 AM)

コメントを書く