« 本日の体重(06/10/5) | トップページ | 本日の体重(06/10/6) »

October 05, 2006

胃カメラを飲んだ

昨日は会社の診療所で胃カメラを飲んだ。

うちの会社では、40歳を超えた社員で、しかも煙草を吸っている(または吸っていた)人には年に一回胃カメラでの検査を推奨している。
私の場合、それに加え、昔十二指腸潰瘍をやっていて、時々再発しているので30台半ばからずっと毎年胃カメラを飲んでいる。

ということで、前日夜から絶食して会社の診療所へ。
診療所へ着くと問診ホユに記入し、血圧を測定した後に担当医師と問診。
その後、胃の中を洗浄する薬を飲み、胃の動きを良くする薬を注射した後、喉の麻酔の為に麻酔薬を口に含んで、喉の奥に薬が当たるようにしながら5分程。
5分したら麻酔薬を吐き出していよいよ検査室へ。
このあたりの流れは毎回全く変わらず。
強いて言えば、問診票記入時に同意書を書くのだが、医師の問診時にもう一度その内容を確認した後、医師が私の目の前で同意書を確認したことを示すサインをするようになったところが変わったかな。

検査室で横になり胃カメラを飲む。
いつもはかなりきついんだけど、今回は意外とすんなりといった。

モニタに映る自分の胃の中を見ながら担当医師が解説してくれる。

結果として、十二指腸潰瘍は完全に完治し、ここ一年で再発した様子も無し。
ただし、胃潰瘍が発生して治癒した跡が発見されたのと、かなり胃が荒れているということ。

検査終了後、結果を見ながら診察を受け、結局、以前ピロリ菌が検出されている事もあるので、早くピロリ菌除去治療をすることを勧められる。
ということで、最寄りの消化器内科に持って行く様にと紹介状と、当面の胃薬を渡される。

うーん、近所で行き易いところに消化器内科って有ったかな?
今度探してみるか。

08:09 AM [心と体] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24531/12156802

この記事へのトラックバック一覧です: 胃カメラを飲んだ:

» 企業のシンボルマーク、ロゴマークを自信をもってデザインします [ロゴマークデザイン、 シンボルマークデザインは東京(港区)OAKへ から]
名刺、封筒、看板等広範囲に展開、これから起業される方、企業、サークル、お店等 の認知度と差別化をはかり、将来の売り上げに大いに貢献。地方からの依頼も多数あ りますのでお気軽にお問合せ下さいませ。 続きを読む

受信 Oct 6, 2006 10:31:51 AM

コメント

で、胃カメラのメーカーは某氏が居る、あのメーカーのでした?

投稿者: かず (Oct 5, 2006 2:14:10 PM)

胃カメラを受け入れることができるなんてすごいですね。
私は数年前に紹介状を持って受けに行きましたが、たまたま担当者に恵まれなかったのか私の心理状態が体に影響したのかめちゃくちゃ苦しくて帰宅後も気分が悪く、それ以後胃の検査はバリウムにしています。今年も受けました。バリウムもそれなりに苦しいこともあるのですが、私にとっては一瞬であり検査後も気分が悪くなることがありません。
しかし、知らぬ間に胃潰瘍が出来て自然治癒されていたのもびっくりですね。右足の骨折からアキレス腱の炎症や背中、腰の痛みも大変ですし、今回ピロリ菌ととても超大変ですね。
体が外も中も健康であって、仕事も日常生活もできるのですから、無理しないでといっても勤めているとなかなか難しいですが、どうぞご自分のお体を労わってあげてください。お大事に。

投稿者: まるこ (Oct 6, 2006 5:57:49 AM)

鶴舞の横山胃腸科はどうだ。メジャーだよ。

投稿者: (篁)/68区27点 (Oct 7, 2006 12:16:51 AM)

コメントを書く