« 本日の体重(06/10/19) | トップページ | 本日の体重(06/10/20) »

October 19, 2006

模型ロケット展示

Rockets_061017
(CaplioGX+純正ワイコンで撮影した物をつなぎ合わせました。クリックすると拡大します)

先日の帰りがけ、金山の北陸銀行の前を通りかかったら、「東海モデルロケットクラブ」というところの模型ロケットを展示してありました。
この銀行は店頭のウィンドーで地域のコミュニティの作品展示を良くやっているんですが、こう言う物の展示までやっているとは驚きました。
(余談だけど、展示のところには「東海モデルロケットクラブ」の概要説明や連絡先も貼ってあったんですが、それをみると代表の方って私の家のすぐ目と鼻の先にお住まいだったりします(^_^;))

展示してあるロケットも良く出来ていて、

H-2、サターンV、アリアン、ソユーズ…etc、etcといった実際のロケットの模型(これがまた良く出来ています)や、
Rockets061017_1

Rockets061017_2

それ以外にも、サンダーバード等に出て来た物まで多岐にわたっています。

Rockets061017_3

やはり、ロケットにはロマンを感じますね。
このクラブの活動にもかなり興味が出てしまいました。(^_^;)

いつまでこの展示をやっているかわからないけど、いい物を見れたという感じです。
うーん、久々にあさりよしとお氏の「なつのロケット」を読みたくなりました。(リンク先はアマゾン)

08:23 AM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24531/12338195

この記事へのトラックバック一覧です: 模型ロケット展示:

コメント

このクラブは火薬を使ったモデルロケット打ち上げのサークルですよね。
展示物は実用ロケットの模型展示がメインになっていますが、
宇宙開発関連の本に載っていたのを記憶しています。
発祥地はアメリカで固体ロケットエンジン本体はアメリカ製のはずです。この模型のロケットエンジンは2種類あって、大型の方は日本の火薬取締法に抵触するため、大型のロケットエンジンを使った打ち上げを行うには火薬取締法の免許を取得するか、この固体ロケットエンジンだけを扱える特別な許可が必要なはずです。
実は映画の撮影に使おうとして購入したことがあります。
点火装置が古く、うまくいきませんでしたが。

投稿者: カイザー (Oct 19, 2006 8:13:53 PM)

黒色火薬量20g以下の小型ロケットは日本ではおもちゃ花火扱いで模型用ロケットエンジンはおもちゃ店で自由に買えます。大型ロケットは県知事の火薬類譲り受け、消費許可と最寄の空港管制官への届けが必要です。

投稿者: 加藤 (May 8, 2007 6:00:53 PM)

コメントを書く