« March 5, 2006 - March 11, 2006 | トップページ | March 19, 2006 - March 25, 2006 »

March 18, 2006

骨折日記(06/03/17)

足の状況は特に何も変わりなし。
ただ、冷えるとうずくし、しびれも出るのでできるだけ冷やさない様に注意している。

通院する日ではなかったので午前中は寝たり、シャワーを浴びたり。

昼頃、テレビを見ているとちょうどWBCのメキシコ-アメリカ戦の結果が出る。
どうせアメリカの勝利で終わるだろうし、そうなると日本の準決勝進出はもう無いな、と思っていたからこの結果にはびっくり。
ってか、一番驚いたのは主催者側だろうなぁ。
素直にメキシコの勝利と日本の準決勝進出を祝いたい。
("あの"審判がまたやった大誤審の結果、メキシコが本気になったというところがこの結果につながったという感じがする。)

午後、毎度の友人が見舞いに来てくれる。
車で数分の所にあるファミレスまで乗せて行ってもらい、一緒にお茶をして気晴らし。
少しだけの外出だけど、実にストレス解消になる。遠出はさすがにできないが、少し屋外に出られるだけでも非常に有難い。

帰りに本屋に寄ってもらい、英語の学習教材を購入。
まぁ、この休みを機に、少し英語の勉強でもしてみようかという感じだ。
ついでに立ち寄った薬局で手で計るタイプの体脂肪計を使って久々に体脂肪の測定。
結果は23.7%。いつもと計り方が違うから直接の比較はできないけど、特に体脂肪率が増えているという感じでは無さそうなのでほっとする。

帰宅後は買って来た教材を眺めたり、本を読んだり、テレビを見たりで過ごす。
そうしていると、何故かかなり鼻がむずむずしてくしゃみが出たり、鼻水が出たりする様になった…。
おかげで寝床の横にはティッシュが欠かせない。
まさかとは思うが、とうとう花粉症になったかな?と心配になっている。

なお、猫は相変わらず。

08:31 AM [日記・コラム・つぶやき, 骨折日記] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

March 17, 2006

猫と寝込む日常

家にこもっていると猫が「遊べ!」とばかりにしょっちゅう呼びにきて結構五月蝿い。

こっちが元気だったら幾らでも遊んでやりたい所だけど、今ではベランダに行くだけで一苦労なので、ちょっとかまうだけで勘弁してもらっている。
数日こういう感じで置いとかれると、向こうもこちらがそうそう簡単には遊んでくれないと言う事を学習したのか、寝る時とお腹がすいた時だけこっちにやってくる様に。

ということで、私が寝床でPCをいじったり、寝ていたりするとこう言う感じで背中(というか、この写真ではお尻と足の間だけど)に乗って寝る様になった。

Hana_060314

完全に背中にのって寝る事が一番多いが、それは写真が撮れなかった。
…というか、実際そうやって寝られると全く身動きが取れなくなるのでなかなか写真は撮れない。

背中に乗れない体制の時は、こういう感じで腕を抱えられてしまう。

Hana_060316

これも、もっと完全に腕枕状態で寝られる事が多いが、その体制で身動きが取れなくなると、上手く写真を撮れない。
(正確には、腕を抱え込んだり、ちょっと腕を動かすと、「動かすな!」と言う感じで腕を押さえ込むので撮影のために腕を動かそうにも動かせなくなる)

写真は撮れなかったが、私の腕を抱えて安心しきった顔で寝ているのを見ると実に癒される。
猫を飼っていると、面倒だと思う事もあるし、時々五月蝿いと思う事も有るけど、やはり大切な存在だな。

08:03 AM [ペット, 日記・コラム・つぶやき, 骨折日記] | 固定リンク | コメント(3) | トラックバック

新宿中村屋の花梨糖

Karin_060314

先日、見舞いに来た友人から東京土産として頂きました。
新宿中村屋の花梨糖です。

Karintoh_060314

調べてみると、ここは「柚子花梨」「白花梨」「苺花梨」など色々な種類が有りますが、今回頂いたのはオーソドックスに黒糖を使った「黒花梨」
さくさくとしていて、甘いけど甘すぎず、とてもふんわりとした甘さでとても好みの味。

家にいて他にやる事がないこともあり、お茶と一緒にぱくぱくと食べてしまいあっという間に無くなってしまいました(^_^;)
いやぁ、美味しかった。

結構な物を頂き、どうもありがとうございました<(_ _)>

07:54 AM [グルメ・クッキング, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

骨折日記(06/03/16)

昨日は通院で出る事も無く、また訪ねてくる人も無く、完全に家の中に引きこもり。
まぁ、雨が激しく降っていて、怪我が無くても出かけるのに躊躇するような天候でしたが…

朝、目を覚ましてからテレビを見ていると突然地震。
今日は大した事は無かったけど、もし今大地震でもおきたら、この足では逃げようがないんだなとちょっと不安になる。

午前中、ギプスにビニール袋をかけてシャワーを浴びる。
やはり単に体を拭いたり、頭を洗ったりするだけでなく、全身にお湯をかけて洗えるってのはものすごく気持ちがいい。
さすがに湯船につかる事は出来ないけど、熱めのお湯を腰に集中的にかけ、かなり風呂に入った感じになることができた。

その他はWBCの対韓国戦をテレビ観戦して、非常に悔しい思いをしていたり、猫がかまってくるので一緒に寝たりという感じ。
テレビで「愛・地球博一周年」記念セールや催しが始まったのを見る。
正直、かなり行きたいけど、今の足の状況だと絶対に無理だし諦めるしか無いな。
(テレビによると、なんとセグビィも売っているらしい)

現在の足の痛みの状況は特に変化無し。
ただ、昨日はかなり冷えていたので、そのため若干傷のあたりがうずくような感じが強かったかな。
それよりもちゃんとした姿勢をとれないせいか、腰に負担がかかって来ているのがややきついというところ。

今日も通院や人が来る予定がないから、おそらく昨日と変わらない生活になるだろうな。

07:00 AM [日記・コラム・つぶやき, 骨折日記] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

March 16, 2006

骨折日記(06/03/15)

昨日は午前中に毋が免許書き換えに伴う高齢者運転研修で出かけていたので、テレビでWBCを観戦しながら留守番。

午後、母親が帰宅してから、病院の診療開始時間にあわせタクシーを呼んで病院まで行く。

病院で院長と相談し、結局手術はせずにいまのままでいくことに決定。
ただし、こまめに通院してレントゲンを撮って経過観察する事が条件。

その他、一度ギプスを外しテーピングをして再度ギプスを着け直すのと、診断書を書いてもらった。
診断書を見ると、傷病名は「右足外果骨折」で、6週間の通院、休業が必要だそうだ。

ただ、話を聞くと、3週間は休業が必要だけど、そのあとなら様子を見て少しずつ会社に行けるようになるのではないか?とのこと。一ヶ月もすれば車の運転を含め、そこそこ動ける様になるらしい。
それより前にどうしても会社に行きたければ、タクシーを使うか、誰かに運転してもらって車で連れて行ってもらう様にとのこと。
あと、ギプスを濡らさない様にすればシャワーを浴びてもいいという許可をもらう。

次は土曜日にまたレントゲンを撮りに行く事になった。
病院の駐車場に置いてあるベンチでしばし外の空気を吸ってからタクシーを呼んで帰宅。

やはり通院のためでも外の空気を吸いに出られると言うのはいい物だ。
その他は特に無し。

12:38 PM [日記・コラム・つぶやき, 骨折日記] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

March 15, 2006

新しい眼鏡

GlassNew_060314

先日、眼鏡を新調したと書きましたが、それがもう出来上がっていて、店にいつまでも預けておく訳にもいかないため、この間の日曜日に車で載せて行ってもらって受け取ってきました。
前にも書いた様に、始めての枠無しの眼鏡です。

レンズも今風にかなり小振りになっています。

Glasses_060314
(上:今回新たに作った眼鏡、下:今まで使っていた眼鏡)

今までの眼鏡も、当時としては決して大きいレンズではなかったのですが、今の物と比べると明らかに大きいですね。(姉曰く、今までの眼鏡は「今時には有り得ない程レンズが大きい」そうです)

大きさ、デザインもかなり変わったので、これをつけると顔の雰囲気が変わるかな?と心配していましたが…
つけてみると意外な程印象は変わらないように見えます。

会社に行って同僚や取引先と会ったり、プライベートで友人達と会えば色々な意見が有るでしょうが、今の所それほどイメージが変わったという意見は周りから出ていません。
良かったような残念なような…

03:19 PM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

骨折日記(06/03/14)

昨日は通院の予定も無く、午前中はテレビを見たり本を読んだりネットをしたり。
(…せっかくのホワイトデーだと言うのに(ノД`))

私がずっと家にいる物だから、猫がかまって来て結構五月蝿い。
まぁ、少しかまっていると、飽きてどこかへ行くか、途中から私のそば(というか、背中の上だったり、胸の上だったり)で寝たりする。

足の痛みはかなり収まっている。
ただ、当然右足に負担をかけられないので、家の中でも出来る事が制限されるから、家でじっとしている事が苦痛。

午後、友人が訪ねて来てくれる。
一昨日、一緒につきあってくれた友人だが、昨日も休みと言う事で、その前に東京へ行った時の土産を持って来てくれたのだ。

一緒に少し外出して遅めの昼食へ行く。
これだけでも外へ出るのはものすごくストレス解消になる。

私は人としゃべったり、外へ出るのが好きなので、人と会話をする事も殆ど無く、家にこもっている今の状況はストレスが溜まるので、こう言う感じで少しでも見舞いに来てくれたり、電話をくれたり、他にもメールをくれたりする友人、知人達の存在と言うのは非常に有難く感じる。
人の恩と言う物は、非常に有難い物だ。

ここでみんなに受けた恩は、完治したら何らかの形で返さないと行けないと切実に感じている。

12:32 PM [日記・コラム・つぶやき, 骨折日記] | 固定リンク | コメント(1) | トラックバック

March 14, 2006

今日は3月14日

今日はホワイトデーだというのに、骨折していて身動きがとれない…
うむむ、無念&申し訳ない気持ちで一杯だ…

なお、今日は母親の誕生日でもある…
こちらも、こんな日に骨折で家で迷惑をかけているので申し訳ない気持ちで一杯だ…
(母親曰く、家でゴロゴロしていると邪魔、ということだけどね( ̄▽ ̄;;)

両方とも、治ったらなんとか埋め合わせをしないといけないな。

11:32 AM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

骨折日記(06/03/13)

昨日は午前中に毋の運転する車に乗って病院へ。
時間がかかるから、帰りはタクシーで帰る事にして毋には先に帰ってもらう。
(これが間違いのもとだった…)

しばらく待ってから診察。
レントゲンを撮ったり、ギブスの巻き直しをしたり。
院長の見立てでは、可能ならば手術にした方がいいと思うが、私の恐怖症の件はよく知っているから無理して勧められないという話。
ということは、どうしても手術しないとならないという症状でも無いということらしい。
(院長曰く「このままでも骨はくっつし元通り歩ける様になるけど、完全に元通りにははまらないからね」とのこと)
相談の結果、院長が紹介先の病院に私の恐怖症の事を話し、それに対応出来る方法が有ったら手術をする、無ければしないということで結論は水曜日に出す事に。

骨折自体の痛みはかなり落ち着いており、まだ患部は腫れているけどかなり落ち着いてきています。
ただ、完全に固定するギブスにはなっていないから、
で診察が終わってタクシーで帰宅…したのだが、母親がまだ帰っておらず鍵を持っていない私は家に入れない状態になってしまいました。
毋と別れてから既に二時間以上経っているし、私が鍵を持って来ていない事を言ったから、すぐに家に帰っていると言っていたのに、事故にでも遭ったかと心配になってしまいました。

結果から言うと、私が鍵を持っていないのをすっかり忘れて買い物をしていたのと、毋は元々時計を持たない人なので時間がかなり経っているのに気がついていなかっただけで、事故でもなんでも無かったので良かったです。
でも、今後病院へ行く時は、往復ともタクシーにして、しかも家の鍵を必ず持って行く事にしました。

で、寒い事もあって丁度休みで自宅にいる友人に電話し救助してもらいました。
で、合流後二人で食事等、途中なんとか母親と連絡が取れてほっとしたので、その後、夕方家まで送ってもらいました。

この歳になって家を閉め出されるとは思わなかったけど、救助してくれた友人には大感謝です。

11:28 AM [日記・コラム・つぶやき, 骨折日記] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

March 13, 2006

骨折日記(06/03/12)

骨折からようやく三日経ちました…というより、正直まだ三日しか経ってないのか…という感じで、まだまだ先が長いことを考えると憂鬱になってしまいます。

昨日は日曜日ということで病院も休みなので基本的には家でゆっくり。
ただ、家にいたままじゃストレスも溜まるので、姉に車に乗せて行ってもらい先週注文した眼鏡を受け取りに少し出ていました。
この他は、怪我をしてから始めて体を拭いて頭を洗ってさっぱりする事ができて、これはストレス解消にかなり役立ちました。

その他はずっと家にいましたが、やはり段々とストレスが溜まります。
特に、昨日は本当なら私が幹事をやっていた飲み会のはずで、急な怪我で飲み会に参加出来なくなっただけじゃなく、幹事代行、全参加者に心配と迷惑をかけてしまったと考えると申し訳ない思いでいっぱいになり、ホント自己嫌悪です。

この他は会社の上司に骨折した胸を電話連絡、それと会社の関係者に業務連絡のメールを打っておいた。
上司からは「後遺症が残るといけないから無理して会社に来ない様に」と言われたけど、状況次第だなぁ…

08:51 PM [日記・コラム・つぶやき, 骨折日記] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

骨折日記カテゴリを作りました

骨折に関連したことを書く時用に、新カテゴリ「骨折日記」を新設しました。

今まで書いた骨折関連のこともこちらのカテゴリに入れましたので、骨折関連を見たいかたはこれからはそちらをご覧下さい。

08:31 PM [骨折日記] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

March 12, 2006

骨折状況(二日目)と非常に困った事

骨折から二日経ちました。
体重計にものれないし、歩数記録なんてとんでもない状態ですから、あちらの方はしばらくお休みなので、これからは時々骨折の状況を書いて行こうと思います。

痛みも腫れもまだ全然引かず、寝ていてもかなり苦しい状態です。

それに、骨折の痛み以外でどうしようもなく困った事が一点出てきました。
困った事…というよりも死活問題に近いことです。

今まで何度も書いていますが、私は「閉所恐怖症」です。
狭い所や、身動きの取れない所にいると、心臓の鼓動がバクバクとしてしまいパニック症状を起こしそうになります。(ひどい時は過呼吸の症状を起こします)
しかも、この閉所恐怖症の症状は狭い所だから発症すると言う訳ではなく、何か拘束されていると発症するという傾向が有ります。(だから、閉所恐怖症というより、体の自由が利かない事についての恐怖症、というのが正解です)

で、今のギブスを着けている状況と言うのがまさにそれにあたり、ギブスの存在を忘れている時はいいのですが、ギブスが外せないことに気がついたとたん、ものすごく心臓がバクバクしてパニック症状を起こしそうになります。(それこそ、後先を考えず、ギブスをはぎ取ったりしそうになるでしょう)

で、その事を医者に相談した結果、本来は完全に固定するギブスを使わないと行けない症状なのだが、そうせずにいつでも自分の意思で取り外せるタイプにすることになりました。
これは、取り外せるという意識だけでかなりパニック症状が軽減されるためです。
ただ、反面このタイプだと完全固定に比べて治りが遅くなったり、無茶をして骨がずれて手術することになる可能性が高くなるという欠点も有ります。(特に後者は重大ですが…パニックになるよりもましという判断です)

で、昨夜、多少動いたせいか足が腫れてしまい、ギブスに足が刷れてかなり痛む状態になってしまいました。
段々と心臓の鼓動も激しくなり、また上に書いたようなパニック症状を起こしてしまいそうです。
夜遅かったのですが医者に電話し、許可をもらってから一度ギブスを外し、緩めてからまたつけることでなんとか症状は緩和されましたが、本当にこのタイプのギブスにしておいてよかったです。

…しかし、こう言う状況があと一ヶ月以上かかるってのは、自業自得とは言え本当に地獄のような責め苦です(ノД`)

08:54 AM [心と体, 日記・コラム・つぶやき, 骨折日記] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

体重記録はしばらくお休みします

こちらに書いた様に骨折をしてしまい、松葉杖がないと立てない状態なので体重計にものれないし、歩数記録なんてとんでもない状態ですから、こちらはしばらく(1ヶ月以上になるかな?)お休みします。

…記録を再開したときに体重がどれだけ変わっているか、非常に心配( ̄▽ ̄;;

まぁ、これを楽しみにしている人がそんなにいると思えないけど、とりあえず報告まで。

08:48 AM [体重, 日記・コラム・つぶやき, 骨折日記] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック