« 本日の体重(10/8/15) | トップページ | シャア専用チリトマトヌードル 「シャア専用ザク」 »

August 15, 2010

「借りくらしのアリエッティ」感想

昨日の夜、夫婦でエアポートウォークにあるミッドランドシネマ名古屋空港に行き、「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました。

20時40分からと遅めの回だったので人は少ないだろうと思っていたけど、意外にもそこそこの人。
カップルらしいのもいましたが、遅い時間の割には小さい子供もいる家族連れが何組もいたのには驚きました。

ま、それでもかなり席に余裕があったし、みんな静かに観ていたから気になりませんでしたけどね。

で、映画の方ですが、丁寧に作られているなってのが第一印象、音楽も耳に心地よくてほっとする感じ。
アリエッティら借りぐらしの生活の様子がきちんと描かれていたり、庭の描写もきれいです。

ただ、物語的にはカタルシスがある訳ではなく、また感動の大巨編というわけでも無くて比較的淡々と物語が進んで行ったという印象。
かといって退屈して眠くなったりするというわけではありません。

ま、子供(特に男の子)にはちょっと退屈に感じられるかもしれないけど、疲れた大人が心を癒すのにちょうどいい感じですね。
名作……というわけでは無いけど、観たらほっとする佳作というところでしょうか。

以下余談。
声のキャストについてですが、メインキャストにいわゆる声優の方々を全く使っていない作品でしたが、全体的には違和感は有りませんでした。
ただ、お母さん役の大竹しのぶだけはちょっと浮いていてあまり好きになれませんでしたねぇ。

あと、本編と全く関係無いんですが、上映前の映画予告がほとんど恋愛ものばかりだったのにはちょっと辟易としました。
で、その中で唐突に実写版の宇宙戦艦ヤマトの予告が始まり、とうとうキムタク版古代進の映像をみてしまいましたが……なんか予告だけ観たらもうお腹いっぱいという感じ。
さすがにこれを劇場で観るのは辛いだろうなぁ…

03:08 PM [アニメ・コミック] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24531/49151897

この記事へのトラックバック一覧です: 「借りくらしのアリエッティ」感想:

コメント

奇遇ですねぇ。
私も、昨日相方と見てきました。
なんか、ほっこりとした良い映画でしたが、それ以上でもそれ以下でもない・・・と言うところでしょうか?

投稿者: ぶるーの (Aug 15, 2010 7:14:57 PM)

コメントを書く